本文へスキップ
木チップの自然への還元・マルチスプレッド工法・ウッドチップフィルター工法
株式会社タック


ウッドチップフィルター工法【KK-100097-VR】HEADLINE

ウッドチップフィルター
現地発生の根株や枝葉を破砕した木チップ(L=50mm〜70mm)を充填したウッドチップフィルターは、
工事現場等で発生する濁水のCUT水勢の減衰土砂の流出を抑制させる効果を発揮します。
また、基盤材と種子を配合することによってウッドチップフィルターから緑化を可能にし、
その効果をさらに増大させることができます。


NETIS登録工法

ウッドチップフィルター工法は、国土交通省 新技術情報システム(NETIS)に登録されています。
登録番号:KK-100097-VR

NETIS(新技術情報提供システム)は公共工事等で有用な新技術を積極的に
活用・普及することを目的に、国土交通省が運用管理している技術データベースです。

ウッドチップフィルターの特徴

(1)ウッドチップフィルターは、曲げ・カットが可能であるため臨機応変に設置できます

(2)ウッドチップフィルターに充填した木・竹チップは、法面等のマルチング材として
   再々利用が可能です

(3)ウッドチップフィルターに充填した木・竹チップに濁水が透過することによって、
   土粒子が木チップに吸着し、濁水をろ過する効果を発揮します

(4)ウッドチップフィルターに充填した木・竹チップに濁水が透過することによって、
   水勢が減衰され浸食防止効果を発揮します

ウッドチップフィルター工法の仕様

(1)1本当たりのウッドチップフィルターは、標準をL=4mとしますが、
   必要に応じて長さの調整が可能です。

(2)ウッドチップフィルターの径は、Φ200mmとΦ300mmとします。


ウッドチップフィルター

バナースペース

株式会社タック

〒272-0837
千葉県市川市堀之内3-21-1
潟Oリーンアース内

TEL 047-318-5200
FAX 047-318-5205




株式会社グリーンアース